トイレのドアノブ

ドアノブ交換

皆さんの中で、ドア修理をお願いされたことはありますでしょうか? ドア修理には、ドアノブ交換というものがありますが、ドアノブは長年の年月によって劣化してしまうというのがよくあるのです。確かに、ドアノブというのは毎日使われている物なので、他の物と同じように、使い続けていると故障してしまうことがあります。ですので、ちょっとでもドアノブに何かしらの不具合を感じていましたら、早め早めにドアノブ交換されることをオススメいたします。でないと、思いもしないトラブルに巻き込まれてしまうことがあるのです。

トイレに閉じ込められる

思いもしないトラブルとは一体なんなのか? それは、トイレに閉じ込められるというのがあります。ご存知のように、トイレというのは出入り口が一箇所だけ。多くの住宅では、ドアを開けて右側に便器が設置されているという構図になっていると思います。これは、便器に座っている人が簡単に手を伸ばしてドアのカギを掛けることが出来るという利点がありますが、もし、カギを掛けた状態でドアノブが壊れてしまったら、ドアを開けることが出来なくなってしまいます。一戸建ての住宅であれば、窓から誰かに助けを呼ぶことは出来るでしょうが、マンションの場合、窓がないトイレもあるので、その場合外の人に助けを求めるといったことが出来ません。考えられることとしては、ドンドンと壁を叩いて隣の方に助けを求めるといった手段がありますが、それでも、本当に相手に助けの声が耳に入るか分からないですよね。このようなケースが起きる恐れは充分にありますから、早めにドアノブ交換はしたほうがよいということなのです。

インターネットでの申し込み

ドアノブ交換はインターネットで申し込むことが出来るので、一度検索されてはいかがでしょう?