ドアが壊れると閉じ込められる恐れも・・・

ドア修理・ドア交換

皆さんは、ご自宅にお使いのドアを修理したい、または交換したいとお考えになったことはあるでしょうか?普段、ドアが使えるのは当たり前と思われがちなので、あまりそのようなお考えを持つことはないかもしれません。確かに、ドア修理はドアの調子が悪くなってから行うものですし、ドア交換も同じことが言えます。でも、ドアの調子はある日突然悪くなるケースも十分考えられるので、「ドアの調子が悪くなってから修理すればいいや」と安易に考えるのは危険です。色々ありますが、中には閉じ込められるケースもあります。

実例アリ!閉じ込められるケース

実は、ドアが壊れて室内に閉じ込められるケースというのは、決して非現実的なことではありません。実際、とある住宅でトイレのドアが壊れて閉じ込められた方がいらっしゃるのです。その方はなかなか助けを呼ぶことができず、途方に暮れたようですが、最終的に他の住民が気づいてくれて、無事救出されました。幸い命の別状はなかったのですが、もし、他の住民に気づかれなかったら・・・それを考えると、どうなっていたか分かりません。

早急なドア修理・ドア交換を

上記のケースがあるように、いつドアが壊れるか、本当に分かりません。ですから、本記事では早めのドア修理・ドア交換を強く勧めます。お近くにドア修理・ドア交換に対応した業者がいるのであれば、万が一の備えとして、予め調べておくのも良いでしょう。もしくはネットで良いところを探すのも一つの手です。