ドアの開き方の深い理由

そのドア、外開き?内開き?

私たちが毎日のように開け閉めしている「ドア」。そのドアが外開きか内開きか、そんなことを気にした人は意外と少ないのではないでしょうか。例えば、あなたの家の玄関のドアは、勝手口のドアは、トイレのドアはどうでしょうか。些細な違いに感じるかもしれませんが、そこには大きな理由があるのです。ドアを交換するときには、そのデザインや鍵の種類を気にされるかもしれません。しかし今回は、その開き方からドア交換について考えてみます。

外開き・内開きの特徴

外開きのドアは日本に多いです。その理由の一つは、家の中で靴を脱ぐ風習にあります。もしも内開きなら、玄関に置かれた靴がドアに押しつぶされることになるでしょう。もう一つは、日本の気候です。雨が多く台風もやってくる日本ですが、外開きならドアに付着した雨風の汚れが内部に入りにくいのです。
逆に内開きのドアは海外に多いです。理由の一つは防犯のためです。内開きドアなら、外から侵入者が来ても体重を乗せてドアを閉めることができるからです。また、内側に家具などを立てかけ、バリケードを作ることもできます。ちなみに日本でも、ホテルなどでは内開きが多いのです。なぜなら災害時などで避難する際、通路側をドアが塞いでしまうことがないからです。

自分に合ったドア交換を

しかし時代とともに、どちらが求められるかも変化します。例えば昨今ではゲリラ豪雨などの異常気象が騒がれますが、外開きでは洪水が起きた際に水圧でドアが開きにくくなります。また蝶番が外に露出しているため、切断されてドアごと取り外される恐れもあります。
ドア交換をお考えなら、一度このような特徴を踏まえて検討してみるのもいかがでしょうか。