ドアノブが回らない

ドアが開けられない
例えば、皆さんがトイレに入っている時、突然扉のドアノブが開かなくなったらどうしますか?突然家のドアが開かなくなったらどうしますか?慌ててしまって、ドアを蹴破ったりするかもしれませんが、そんな事をしてしまうと、後でドア修理やドア交換が必要になってしまいます。ドア修理やドア交換は、自分の持ち家ならまだしも、賃貸住宅だと原状回復の原因になる可能性もあるので出来れば避けたいところです。
ドアノブが開かなくなった時、どうすれば良いのか……そして、それを避けるにはどうすれば良いのでしょうか。

少しでもおかしい時は気をつける
大抵の時、ドアノブが開かなくなる前には前兆となる現象があります。なんだか今日はドアノブが硬い、ドアノブが回りにくい、いつもよりも力を入れなければ行けない、などです。これらの前兆を見逃さなければ、ドアノブが回らなくなって、ドアを壊して脱出してドア交換やドア修理が必要になることはかなりの確率で減らすことが出来ます。
もし、ドアノブが壊してしまいそうな時は、必ず鍵110番に連絡をして速やかに修理屋交換をしてもらうことが重要です。

ドアノブの鍵
ドア交換やドア修理が必要になる前にドアノブを交換する時は、鍵の交換についても考えてみてはいかがでしょうか。ドア交換やドア修理の際は、ドア周りを色々と調整するので、その際にドアの鍵交換をしてもらうのもひとつの手です。
せっかくドア修理やドア交換を行うのであれば、それらの周辺のことについても考えてみてはいかがでしょうか。