ドアノブが外れてしまったら

トイレやお風呂場でのトラブルが多いようです

ある日のこと、トイレに入って用を足し、外に出ようとドアノブをひねったら、握っていたドアノブが取れてしまった……

突然のことに冷や汗だらだらな経験でしたが、皆さんの中にもそんなことがあった方は居ませんか?
トイレの外ならまだしも、トイレの中でそれが起きると、閉じ込められて外に出られなくなってしまったということで慌ててしまいます。
しかし、以外に問題解決は簡単な場合があります。
とれたドアノブを、そのまま軸に合わせてはめ込む。

これだけで治る場合も多いようです。

ドアノブは軸にボルトなどを使って固定している場合が多いのですが、これが長年の使用中に振動などで緩んでくると、少し回しただけで外れてしまうということもあるようです。

だからこそ、単に嵌めこむだけでも簡単に治すことが出来る場合があります。

しかし、これが多発するなら要注意です。固定しているボルト部分が削れたり、折れてしまっている場合は再び同じ事が起きるかもしれません。

ドアノブも、定期的に交換が必要です。普段から使うものだからこそ、少しの異常でも早めに気づいて、先手を打って対応を出来ると良いですね。

ドアノブ自体はホームセンターやインターネット通販でも広く取り扱われていますが、素人が誤った知識で取り付けると、後でドアが開けられなくなったりすることもあるので、専門店にお任せされるのがお勧めです。