円筒錠とインテグラル錠の交換

円筒錠・インテグラル錠とは

普段私達が目にする鍵は、ドアの取り付けられた面付錠が一般的ですが、より簡易な鍵として円筒錠とインテグラル錠があります。これらの鍵は、ドアノブの中の軸部分に鍵が仕込まれていて、シンプルな構造をしているために値段も安く、取り付けも簡単です。その理由としては、特に円筒錠では通常の鍵なら備えているデットボルトが無く、ラッチボルトを固定するだけで施錠を行いますから、ドア枠のストライクもシンプルに出来ます。
一方、インテグラル錠ではデットボルトを備えており、本締錠面に近い構造をしています。

両者に共通するのは、ドアノブをもぎ取ることで容易に鍵を破壊することが可能だということです。
鍵を破壊することで簡単に室内に親友することが可能ですから、防犯性能は低いと言わざるをえないでしょう。

もし、円筒錠やインテグラル錠の防犯性能を高めるのであれば、面付本締錠などの補助鍵を取り付け、ワンドア・ツーロックを徹底することでしか防犯性能を高く出来ないでしょう。

一方、簡易な構造なのでトイレや浴室の鍵としては打って付け。最悪の場合破壊しやすいというのが利点となり、万が一ドアの向こうで緊急事態が生じた際に突入するのも楽なのが、欠点を逆手に取った利点と言えるのかもしれません。

室内の鍵を取り付けるときは、インテリアも大切です。見た目が重厚な面付箱錠の場合、インテリアのバランスが崩れてしまいますが、インテグラル錠や円筒錠ならその心配はないでしょう。