色々な鍵の種類

色々な種類の鍵

扉はドアノブを使って開閉を行うものがほとんどですが、ドアノブ鍵が付いていないとロックすることが出来ないので、防犯的な機能を果たすことが出来ません。なので、ドアノブと鍵は切っても切れない関係にあると言ってよいでしょう。その鍵は現在様々な種類が存在しその鍵を扱う鍵屋も沢山存在します。鍵の110番といった鍵屋さんは扉周辺の設備を扱うプロなのでドアやドアノブといった設備で起こる問題にも対応することが出来ます。

利便性も考えられています

鍵本来の役割は防犯性の強化にありますが、取り扱いが難しいとうまく効果を発揮しない場合もあるので、新しい鍵を開発する時には利便性についても考えられています。わかり易い例でいうと昔から使われている鍵はギザキザの溝が入っているので、ポケットや鞄から鍵を取り出す時に引っ掛けてしまいズボンや鞄を痛めることもありまた、しかし比較的新しい時代に作られた鍵は溝を無くし、表面をできるだけ滑らかにした鍵が多く作られています。こういった鍵事情には鍵トラブルを解決している鍵屋さんがよく知っているので、気になった時には相談するのが良いと思います。

防犯性も向上しています

鍵を利用する最大の目的は防犯面の強化にあります。なので、どうすれば鍵の防犯性を高める事が出来るのかといつも研究されています。その結果鍵の防犯性能も大きく上げることができています。例えばピッキング対策やこじ開けの防止など様々な侵入手口を防ぐことができる鍵が開発されています。また、ドアノブやドアとセットで効果を発揮する物あるので、鍵交換だけではなくドア交換やドアノブ交換が必要な場合もあります。