鍵とドア

ドラマでよくありますが

刑事ドラマなどで、ドアをこじ開けるシーンが良くあります。足で勢い良く蹴って開ける、または体当たりでドアを開けているのですが、これはドラマの中だからこそ許されるものです。とういのも、実際に鍵が開かないからとドアをこじ開けてしまいますと、器物破損の法律に触れる可能性があります。もちろん、自分の家であれば大丈夫かもしれませんが、ドアをこじ開けた後、鍵は閉まりませんから防犯上危険が伴います。事件解決のために警察がこじ開けることはありますが、一般的に行える行為ではありません。ドアの鍵を開けたいときはこじ開けるのではなく、鍵の110番(鍵110番)などの鍵屋に相談しましょう。鍵の110番(鍵110番)などの鍵屋は穏便に素早く鍵開けを行ってくれると思います。また、ドアが壊れてしまったらドア交換・ドア修理も利用しましょう。こじ開けてしまったドアでも、ドア交換・ドア修理業者なら直してくれるかもしれません。

鍵が無くなること

ある日、ポケットの入れておいていた鍵が見当たらない、こういったことってよくあるのです。人間は毎日同じことを繰り返しますと怠惰が生まれ始めて手を抜いてしまうことがあります。いつも気を張っていると疲れてしまいますので仕方ないことなのですが、この一瞬抜いた気が自分の中で大きな命取りになってしまうこともあります。その中でも、家の鍵をなくすというのは大きな出来事です。家に入れないことはもちろんですが、防犯上良くありません。鍵を拾った方があなたの家に泥棒に入るかもしれません。もし、鍵がなくなりましたら
早めに鍵の110番(鍵110番)などの鍵屋にご相談下さい。

ドアの故障や鍵の故障の際は

鍵が壊れてしまった時、ドアが開かない時は無理やりこじ開けたりせず、鍵の110番(鍵110番)などの鍵屋さんに相談しましょう。鍵の110番(鍵110番)などの鍵屋さんは皆からの問い合わせに合わせ状況を確認しましょう。鍵開けや鍵交換、鍵修理、鍵トラブル、鍵紛失、であればしっかり対応してくれると思います。