Archive for 6月 2015

ドアノブが外れてしまったら

トイレやお風呂場でのトラブルが多いようです

ある日のこと、トイレに入って用を足し、外に出ようとドアノブをひねったら、握っていたドアノブが取れてしまった……

突然のことに冷や汗だらだらな経験でしたが、皆さんの中にもそんなことがあった方は居ませんか?
トイレの外ならまだしも、トイレの中でそれが起きると、閉じ込められて外に出られなくなってしまったということで慌ててしまいます。
しかし、以外に問題解決は簡単な場合があります。
とれたドアノブを、そのまま軸に合わせてはめ込む。

これだけで治る場合も多いようです。

ドアノブは軸にボルトなどを使って固定している場合が多いのですが、これが長年の使用中に振動などで緩んでくると、少し回しただけで外れてしまうということもあるようです。

だからこそ、単に嵌めこむだけでも簡単に治すことが出来る場合があります。

しかし、これが多発するなら要注意です。固定しているボルト部分が削れたり、折れてしまっている場合は再び同じ事が起きるかもしれません。

ドアノブも、定期的に交換が必要です。普段から使うものだからこそ、少しの異常でも早めに気づいて、先手を打って対応を出来ると良いですね。

ドアノブ自体はホームセンターやインターネット通販でも広く取り扱われていますが、素人が誤った知識で取り付けると、後でドアが開けられなくなったりすることもあるので、専門店にお任せされるのがお勧めです。

ドア交換はよく確認してからにしましょう

ドアのパーツいろいろ
どの家庭にもドアは必ずあると言っていいでしょう。玄関ドア、トイレのドア、部屋のドア等など。沢山ありますね。さてドアをよく見るといくつかのパーツで成り立っています。まずはドア本体。材質にいろいろ種類があります。次にドアを開閉するためのパーツ「丁番」。ドアの回転軸となる長辺側に2~3枚の板状の丁番と呼ばれる金具が取り付けられていて、これらが作動することで扉が開閉出来ています。次にドアチェック。ドアクローザーとも言います。扉の上についているアーム状の金具です。これは扉を開け放しを維持したり、逆に開け放しを防止する機能があります。他にもドアノブや鍵など、ドアは沢山のパーツで成り立っています。ドアの不具合はこのようなパーツで起こっている可能性があります。ドア修理を依頼する前に一度確認をしてみましょう。

ドア交換には注意が必要
ところで、ドアを修理したり交換する時には一つ注意があります。それはドアの種類、開閉方向、そして先ほど挙げたドアチェックの取付です。ドアなんて好きに取り替えたいと思われるかもしれませんが、ドアの材質や開閉方向、開け放しが防止されているかなどは、建築基準法や消防法で審査を受けて取り付けられています。これを勝手に替えてしまうと、非常時に甚大な事故を起こす原因と成りかねないのです。

カギの修理にも注意しましょう
上記のドアと同様に、カギもどのようなものが適切か、設計上考えられて取り付けられているはずです。修理をする前にその用途についても確認しておくことが重要です。