Archive for 8月 2015

鍵のトラブルは鍵屋に任せましょう。

鍵のトラブルに見舞われたことはありませんか?
鍵は私たちが思っているよりも、丈夫なものではありません。実際はマメにメンテナンスしておかないといけないものなのです。
鍵を紛失した時、あなたならどう行動しますか?ドアの交換やドア修理と鍵の紛失は実は関係のあることなのです。
鍵が紛失してしまった時は、鍵を直すのはもちろんですが、実際にドアや家の鍵の様子をよく思い出してください。どうでしょうか。鍵は寿命を迎えていたのでしょうか。ドアの交換やドアの修理を一緒に行うのも一つの手です。
ドアの寿命というのは意外と気がつきにくかったりします。いつ、悪くなっているのか、分かりにくいからです。
しかし、鍵はそれに比べて分かりやすいですよね。鍵は見た目でも、そしてもちろん使ってみても鍵の修理が必要な場合はよくわかります。例えば、ドアの鍵穴に鍵を入れてみて、「回りにくい」「中で引っかかっている感じがする」という場合は、鍵の取り替え時です。鍵屋に持って行くことをおすすめします。逆に鍵ではなく、鍵穴に問題がある場合もあります。
それは鍵屋に見てもらわないとわからないことなので、もしドアが悪くなっていた時などはドア修理やドア交換などと一緒に鍵をみてもらうのも一つの手だと思います。また、鍵の調子が悪いと、鍵が閉まりにくくなったり、逆に鍵が抜けなくなったりすることもあると思います。
その場合は鍵交換や鍵開けのついでに、鍵穴も鍵屋によくみてもらうようにしましょう。
このようなことは定期的にメンテナンスをしていれば防げることなので、忙しい時に鍵が壊れたりしないように、しっかりと鍵を普段からメンテナンスするようにしましょう。

ドアのトラブルを防止しましょう

皆さんはドア交換やドア修理が必要になるような事態になったことはありますか?ほとんどの方はめったにないことだと思いますが、全くないわけではないドア交換やドア修理について、どういった時にドア交換やドア修理が必要になるかを見て行きたいと思います。

ドア交換・ドア修理事例その1

ドア修理、ドア交換が必要になる事例その1は、空き巣に入られた場合です。
空き巣が家の中に浸入する際、鍵をドリルで破壊するドリリングという方法で侵入をした際、鍵穴を壊していくのです。その後、ドアを開ける時にもバールなどを使ってこじ開けたりすることもあります。

ドア交換・ドア修理事例その2

ドア交換、ドア修理が必要になる事例その2。それはリフォームの際です。
せっかく室内を綺麗にリフォームしたのに、家の顔たる玄関がそのままでは格好がつきませんし、せっかくなら綺麗な、新しいドアへ交換することが多いようです。また、引き戸を開き戸にしたり、あるいは逆に開き戸を引き戸にしたりして、バリアフリー対策をしたり、断熱・防音工事にしたりする事も行われます。

ドア交換/ドア修理事例その3
ドア交換、ドア修理の事例その3。
災害によるものです。
例えば、地震によってドア枠が歪んだりすると、そのままでは開閉ができなくなります、家本体が無事であれば、ドアを交換することで元通りにすることが出来ます。
また、ガラスが取り付けられているドアの場合は、ガラスが割れた際についでにドアごと交換、リニューアルということもあるようです。