Archive for 10月 2015

トイレのドアノブ

ドアノブ交換

皆さんの中で、ドア修理をお願いされたことはありますでしょうか? ドア修理には、ドアノブ交換というものがありますが、ドアノブは長年の年月によって劣化してしまうというのがよくあるのです。確かに、ドアノブというのは毎日使われている物なので、他の物と同じように、使い続けていると故障してしまうことがあります。ですので、ちょっとでもドアノブに何かしらの不具合を感じていましたら、早め早めにドアノブ交換されることをオススメいたします。でないと、思いもしないトラブルに巻き込まれてしまうことがあるのです。

トイレに閉じ込められる

思いもしないトラブルとは一体なんなのか? それは、トイレに閉じ込められるというのがあります。ご存知のように、トイレというのは出入り口が一箇所だけ。多くの住宅では、ドアを開けて右側に便器が設置されているという構図になっていると思います。これは、便器に座っている人が簡単に手を伸ばしてドアのカギを掛けることが出来るという利点がありますが、もし、カギを掛けた状態でドアノブが壊れてしまったら、ドアを開けることが出来なくなってしまいます。一戸建ての住宅であれば、窓から誰かに助けを呼ぶことは出来るでしょうが、マンションの場合、窓がないトイレもあるので、その場合外の人に助けを求めるといったことが出来ません。考えられることとしては、ドンドンと壁を叩いて隣の方に助けを求めるといった手段がありますが、それでも、本当に相手に助けの声が耳に入るか分からないですよね。このようなケースが起きる恐れは充分にありますから、早めにドアノブ交換はしたほうがよいということなのです。

インターネットでの申し込み

ドアノブ交換はインターネットで申し込むことが出来るので、一度検索されてはいかがでしょう?

早めの鍵交換で防犯

鍵トラブルで空き巣

鍵トラブルをそのままにしていませんか?鍵開けしにくい、鍵を紛失したままにしてある、こういったことを放っておくと、空き巣やストーカーに入られてしまうことがあります。鍵が壊れている場所においては、鍵修理や鍵交換をしないでおくと、そこから空き巣やストーカーなどに付け入られて、侵入されてしまい重大事件にはってんしてしまう可能性もあるのです。
鍵トラブルでなくても、開けやすいシリンダー錠は、針金などによって簡単に解錠されてしまう危険性もあるため、まずは鍵交換をして空き巣やストーカーに入らない家にしておくことが大切なのです。

鍵交換を自分で行えるか

鍵修理や鍵交換を、手先が器用な人は自分で行えるといいますが、鍵は複雑な構成をしており、それぞれにあった鍵を用意しなくてはいけません。そのため鍵交換はまず専門家に頼んだ方が良いと言えます。
また鍵をしている際に、鍵を誤って壊してしまったりした場合は、部品が必要になります。
そのため、鍵修理や鍵交換は自分で安易に行わない方が良いと言えます。

鍵の救急車

鍵の救急車や鍵110番のようなところであれば、24時間対応でいつでも鍵トラブルについて受け付けてくれますが、鍵交換や鍵修理などは、休暇で時間に余裕があるときにした方がいいでしょう。
また、鍵トラブル以外でも、ドア修理やドア交換なども場合によっては受け付けてくれることがありますので、まずは鍵トラブルやドアのことで困った時はすぐに鍵の救急車や鍵110番に相談してみましょう。