Archive for 3月 2016

デザイン性の高い時代

ドアのデザイン

近年で多いのは「デザイナーズ住宅」と呼ばれるものの多いことです。「デザイナーズハウス」であったり「デザイナーズマンション」であったり、その形態は様々です。一流のデザイナーがその空間をデザインしたというのがコンセプトにもなってきますが、近年かなりの人気を誇っているものの1つでもあります。家具やその他壁などに装飾やデザイン性の高いものを施したり、ひいては色遣いに至るまでにそういった仕様の住宅として作り上げられています。しかし、そういったものにあこがれは抱くものの、引っ越すまでにはいかないといった方や、そういった住宅は家賃が高いことが多いために敬遠してしまうという方も多いことでしょう。ですが、近年では小規模なところだけでもデザイン性の高いものと交換であったりの施工でとりおこなえるようなものも多く出回ってきました。例えば、部屋のドアノブを少しだけおしゃれなものにしてしまおうというような具合です。

ドアノブのデザイン

ドアノブは比較的安価かつ簡単にデザイン性の高いものと交換することが出来ます。デザイン性の高いものは多少値が張るものもありますが、それでも莫大な値段というわけでもないです。物にもよりますが、比較的手の届きやすい値段が設定されています。そして取り付けに関しても最近のものはとても簡単に取り付けをおこなうことが出来ます。近年では「DIY」というものが流行っています。これは、自身の手でもって修理やその他改修を行ってしまおうという、いわば日曜大工の延長のようなものです。それによって、自分で交換を行ってしまうというのもありなのかもしれません。ご自身の好きな、自由なデザインのものに変更することが出来るでしょう。

賃貸などにおいて

持ち家の方であれば交換は自由に行ってしまっても全く問題はないでしょう。しかし、これが賃貸のご自宅であった場合は大家さんに許可を取ったほうがいいでしょう。基本的には、退去時に「原状回復」をして引き渡すのが賃貸の条件であったりします。なので、そういった場合に備えて一度連絡を取ってから行うほうが安全でしょう。もし万が一そこでトラブルになってしまったら大変なことになってしまう可能性も出てきます。そういったトラブルや問題を避けるためにも、まずは一度確認をとってから、そののちに行うという段取りをしっかりと抑えてから行っていくほうが良いのではないかと思います。