未分類

ドアが壊れると閉じ込められる恐れも・・・

ドア修理・ドア交換

皆さんは、ご自宅にお使いのドアを修理したい、または交換したいとお考えになったことはあるでしょうか?普段、ドアが使えるのは当たり前と思われがちなので、あまりそのようなお考えを持つことはないかもしれません。確かに、ドア修理はドアの調子が悪くなってから行うものですし、ドア交換も同じことが言えます。でも、ドアの調子はある日突然悪くなるケースも十分考えられるので、「ドアの調子が悪くなってから修理すればいいや」と安易に考えるのは危険です。色々ありますが、中には閉じ込められるケースもあります。

実例アリ!閉じ込められるケース

実は、ドアが壊れて室内に閉じ込められるケースというのは、決して非現実的なことではありません。実際、とある住宅でトイレのドアが壊れて閉じ込められた方がいらっしゃるのです。その方はなかなか助けを呼ぶことができず、途方に暮れたようですが、最終的に他の住民が気づいてくれて、無事救出されました。幸い命の別状はなかったのですが、もし、他の住民に気づかれなかったら・・・それを考えると、どうなっていたか分かりません。

早急なドア修理・ドア交換を

上記のケースがあるように、いつドアが壊れるか、本当に分かりません。ですから、本記事では早めのドア修理・ドア交換を強く勧めます。お近くにドア修理・ドア交換に対応した業者がいるのであれば、万が一の備えとして、予め調べておくのも良いでしょう。もしくはネットで良いところを探すのも一つの手です。

ドア交換で気分一新

玄関ドアは住宅の顔
憧れの一戸建て。そこに取り付けられている玄関ドアについて考えてみたことはあるでしょうか。玄関ドアは、その住宅にとっての顔とも見える存在です。もしも「なんだかしっくりこない」「錆びや汚れが目立つ」といったことがあれば、思い切ってドア交換に踏み切るのも良いでしょう。私たちが知らない間に、玄関ドアも様々なラインナップが取り揃えられています。デザインの面ではもちろん、外気を遮断する玄関ドアは同時に機能性も求められます。より快適な、より魅力的な住宅を目指すために、ドア交換を一度考えてみてはいかがでしょうか。

使いやすいドアへ
毎日のように開閉する玄関ドアは、やはり使いやすさが大切でしょう。これまでは和風住宅に多かった引き戸ですが、近年は和洋問わず使用されるようになってきました。開閉のスペースが小さく、子供や高齢者にも開閉しやすい引き戸はバリアフリーの点でも役立ちます。ただしメリットばかりではなく、気密性が低い、値段が高くなりがちなどのデメリットがあります。「玄関ドアだから、気密性や断熱性は重視したい。しかし、使いやすさも両立したい」そのような方は、ドア交換ではなくドアノブ交換という手もあります。レバーハンドルやバーハンドルは力の弱い子供や高齢者にも扱いやすく、自治体によっては補助金を申請することもできるのです。

ドアのことをよく知る
前述のように、私たちの知らないドアはいくつもあります。ドア交換を成功させるためには、具体的にどのようなドアがあるのかを知ることから始めてはいかがでしょうか。デザインに優れた物、断熱性に優れた物、通風や採光が可能な物など様々です。素人ではそれらを把握することもドア交換することも難しいので、業者の力を借りるのも良いでしょう。

ドアや鍵のメンテナンス

外出しようとドアを閉めたがちゃんと閉まらない! 鍵をかけようとしたが、かからない!
鍵トラブルは突然やってきます。その原因は様々な事由が考えられますが、やはり経年によるところが大きいのではないでしょうか。

鍵の不調

現在最も流通しているシリンダー錠。この寿命は(使い方にもよりますが)大体10年以内。多くの人にとって鍵は毎日使用するものですが、きちんとメンテナンスしているという人は少ないのではないでしょうか。鍵を毎日鍵穴に挿して回したり引いたりすれば、鍵本体も欠けることがあります。また、鍵穴にも金属の屑が溜まります。鍵を挿し込む際に空気中の埃を巻き込むため、鍵穴内部には埃やゴミが付着します。鍵が回らない、抜けないといった場合は鍵屋鍵穴の清掃をお勧めいたします。

蝶番が合わない

ドアが閉まらない、又は閉まりが悪くなる原因の一つとして、蝶番の不具合が挙げられます。長年開閉を繰り返している内にドアは歪んだりズレたりするものです。そんな時は一度蝶番を点検してみてください。もしかしたら緩んでいるかもしれません。また、ドアの開閉時にギーギー音がする場合も蝶番を調べてください。蝶番がさび付いている場合もあります。

鍵が回らない、ドアが開閉しにくいといったトラブルにあたり、市販の潤滑油を使用する方もいらっしゃいますが、鍵穴トラブルでの潤滑油はあまりお勧めできません。なぜならば、埃やゴミの堆積が原因の鍵トラブルならば、そこに油を挿すと内部のゴミが固まり、トラブルが深刻化するからです。また、蝶番に油をさす場合も同様、錆を助長する場合もありますので注意が必要です。

ドアも鍵も長く使用するもの。長く使用すれば不具合はつきものです。
もしも不具合を感じていらっしゃるのなら、一度業者にメンテナンスを依頼してみてはいかがでしょうか。

玄関ドアにこだわってますか

玄関ドアはいわば住宅の顔
玄関ドアを交換することによってお家の雰囲気全体が明るくなったり、機能性にこだわったドアに交換して防犯対策もしっかりできるなら、嬉しいですよね。ドアの交換といっても、これまでのものと同じサイズを選べばドア交換に大がかりな工事を必要としない場合が多いです。ここからは玄関ドア交換の際に押さえておきたいポイントについてご紹介します。

玄関ドアの防犯性
玄関ドアを交換するとき、まず気になるのがドアの防犯性です。空き巣などの侵入犯は窓や玄関ドアから住宅に入ってきますので、玄関ドアに防犯性を持たせるというのは非常に重要です。最近ではディンプルキーやウェーブキーといったものが主流です。侵入犯の巧妙化する手口への対策も含め、ドアの交換時には取り付ける鍵の種類にも注目してみてください。

玄関ドアの断熱性
玄関ドアが担っている機能の一つに、住宅の断熱があります。特に寒い地域の住宅のドア交換時には、断熱性能が高いものを選ぶ必要があります。玄関ドアにガラス部分を設ける場合も、断熱タイプのガラスや複層ガラスなどを選ぶと、夏は涼しく、冬は暖かく過ごしながら省エネ効果についても期待できるので、お住まいの地域の気候の特徴に合った性能の玄関ドアへの交換をおすすめします。このように、玄関ドアを交換、また室内ドアの交換をするときには、そのデザイン性に着目するのはもちろんですが、様々な機能性についてもぜひ合わせて考慮してみてください。

そのカギいつまで安全ですか。

【新品なら安全か。】
本の家にお住まいの方々の大半は、扉に鍵が付いていることでしょう。新築であれば新品のいいカギが付いてる場合も多いと思いますが、それは何年くらい持つ鍵なのでしょうか。カギは安全のためにつけるものですが、カギは物質なので、必ず劣化していきます。そして、最新のカギで防犯能力が高く空き巣などに鍵を開けられるというトラブルの心配がないといっても、いずれは、不法開錠の方法が見つかることでしょう。そうならないためにも、カギ交換をこまめにとは言いませんが時期をみて行うことが大切だと思います。
【シンプルな鍵はあぶない】
現在、鍵は色々な種類のものが出回っていますが、その中でも、昔からあるギザギザのものがあります。それは、すでに開錠方法が犯罪者には知れ渡っていると考えていいでしょう。防犯対策はそれだけではないので、カギ交換をしなければいけないとはいいませんが、カギを新しいものに交換をされることによりトラブル発生数を抑えることができるのではないでしょうか。
【鍵の寿命】
鍵の寿命は、一般的には5年から10年といわれています。皆さんが思っていたよりも、短い年数だったのでは?鍵というのは出かけるたびに使うものだと思います。一年間毎日外にでて鍵をかけるのであれば、365の倍使うわけです。鍵も物質なので、劣化は免れません。もしものトラブルを経験したいためにもカギ交換がとても重要であると認識いただければ幸いです。

デザイン性の高い時代

ドアのデザイン

近年で多いのは「デザイナーズ住宅」と呼ばれるものの多いことです。「デザイナーズハウス」であったり「デザイナーズマンション」であったり、その形態は様々です。一流のデザイナーがその空間をデザインしたというのがコンセプトにもなってきますが、近年かなりの人気を誇っているものの1つでもあります。家具やその他壁などに装飾やデザイン性の高いものを施したり、ひいては色遣いに至るまでにそういった仕様の住宅として作り上げられています。しかし、そういったものにあこがれは抱くものの、引っ越すまでにはいかないといった方や、そういった住宅は家賃が高いことが多いために敬遠してしまうという方も多いことでしょう。ですが、近年では小規模なところだけでもデザイン性の高いものと交換であったりの施工でとりおこなえるようなものも多く出回ってきました。例えば、部屋のドアノブを少しだけおしゃれなものにしてしまおうというような具合です。

ドアノブのデザイン

ドアノブは比較的安価かつ簡単にデザイン性の高いものと交換することが出来ます。デザイン性の高いものは多少値が張るものもありますが、それでも莫大な値段というわけでもないです。物にもよりますが、比較的手の届きやすい値段が設定されています。そして取り付けに関しても最近のものはとても簡単に取り付けをおこなうことが出来ます。近年では「DIY」というものが流行っています。これは、自身の手でもって修理やその他改修を行ってしまおうという、いわば日曜大工の延長のようなものです。それによって、自分で交換を行ってしまうというのもありなのかもしれません。ご自身の好きな、自由なデザインのものに変更することが出来るでしょう。

賃貸などにおいて

持ち家の方であれば交換は自由に行ってしまっても全く問題はないでしょう。しかし、これが賃貸のご自宅であった場合は大家さんに許可を取ったほうがいいでしょう。基本的には、退去時に「原状回復」をして引き渡すのが賃貸の条件であったりします。なので、そういった場合に備えて一度連絡を取ってから行うほうが安全でしょう。もし万が一そこでトラブルになってしまったら大変なことになってしまう可能性も出てきます。そういったトラブルや問題を避けるためにも、まずは一度確認をとってから、そののちに行うという段取りをしっかりと抑えてから行っていくほうが良いのではないかと思います。

ドアノブトラブルにまつわるあれこれ

さまざまなドアノブトラブル

玄関のドアノブに鍵がささらなくなってしまった、お風呂場のドアノブを少しひねっただけで取れてしまった・・・などひとくちに「ドアノブのトラブル」といっても多岐に渡っています。鍵の紛失などのトラブルであれば、「鍵の110番」などの鍵修理の業者に依頼することが必要ですし、また、ドアノブのトラブルであっても、鍵のトラブルと同様に、いわゆる「鍵屋さん」に修理を依頼することで解決できる場合が多くあります。

ドアノブの交換に適した時期とは

ドアノブが壊れてしまった場合、一部分の修理で済めば良いですが、故障の状態によってはドアノブそのものを交換する必要があります。そうなると、ドアノブのみならず、鍵交換をする必要も出てきてしまいますので、事前にドアノブの交換時期を把握しておき、細心の注意を払って使用しておくことは非常に重要です。通常、一般住宅に使用されているドアノブは、メーカーによる耐用テストが行なわれ、10年以上使用可能と基準をクリアしているものがほとんどです。とはいっても、やはりドアノブのタイプやご使用状況などに耐久性の差は出てきてしまいます。玄関のドアなど、出入りが激しいドアのドアノブは内部の機構などの消耗や劣化が早いので、ご自身でドアノブに異変を感じたときが、ドアノブの交換に最も適した時期だといえるでしょう。

予防も大切

鍵を紛失したので鍵開けが必要になった、などの鍵のトラブルは突然起こるものですが、ドアノブのトラブルは毎日の利用による劣化によって起こることがほとんどですので、その中でご自身で予防策を講じることが可能です。鍵屋をはじめとする鍵修理の業者は、そのような防止策にも熟知している方が多いので、必要なことはご相談されるとよいかもしれません。

ドアの開き方の深い理由

そのドア、外開き?内開き?

私たちが毎日のように開け閉めしている「ドア」。そのドアが外開きか内開きか、そんなことを気にした人は意外と少ないのではないでしょうか。例えば、あなたの家の玄関のドアは、勝手口のドアは、トイレのドアはどうでしょうか。些細な違いに感じるかもしれませんが、そこには大きな理由があるのです。ドアを交換するときには、そのデザインや鍵の種類を気にされるかもしれません。しかし今回は、その開き方からドア交換について考えてみます。

外開き・内開きの特徴

外開きのドアは日本に多いです。その理由の一つは、家の中で靴を脱ぐ風習にあります。もしも内開きなら、玄関に置かれた靴がドアに押しつぶされることになるでしょう。もう一つは、日本の気候です。雨が多く台風もやってくる日本ですが、外開きならドアに付着した雨風の汚れが内部に入りにくいのです。
逆に内開きのドアは海外に多いです。理由の一つは防犯のためです。内開きドアなら、外から侵入者が来ても体重を乗せてドアを閉めることができるからです。また、内側に家具などを立てかけ、バリケードを作ることもできます。ちなみに日本でも、ホテルなどでは内開きが多いのです。なぜなら災害時などで避難する際、通路側をドアが塞いでしまうことがないからです。

自分に合ったドア交換を

しかし時代とともに、どちらが求められるかも変化します。例えば昨今ではゲリラ豪雨などの異常気象が騒がれますが、外開きでは洪水が起きた際に水圧でドアが開きにくくなります。また蝶番が外に露出しているため、切断されてドアごと取り外される恐れもあります。
ドア交換をお考えなら、一度このような特徴を踏まえて検討してみるのもいかがでしょうか。

鍵屋さんに頼んでみましょう

鍵のトラブル
鍵はとても大切なものですよね。しかし、鍵を紛失してしまうこともあると思います。鍵紛失の場合、そのままでは家の中に入れません。そこで、鍵屋さんに頼んでみましょう。カギの救急車(鍵の110番)のような鍵屋さんに連絡をすれば、現場に駆けつけてくれて、鍵開けをしてくれます。その際、鍵交換も頼むことができますよ。外で失くした鍵を拾った人が侵入してきたら、大変ですよね。
ドア修理について
鍵の救急車(鍵110番)のような鍵屋さんでは、鍵修理のほかに、ドアの修理も受け付けているのをご存知でしょうか。例えば、ドアのドアノブが壊れてしまったら、大変ですよね。そのような場合でも、カギの救急車のような鍵屋さんでは、修理をしてくれます。ドアノブの交換で、防犯対策をすることもできますよ。また、ドア交換も鍵屋さんに頼むことができますよ。
鍵屋さんに相談しましょう
以上のように、カギの救急車(鍵の110番)のような鍵屋さんでは、鍵やドアに関するさまざまなサービスを受け付けています。例えば、鍵をより防犯性の高いものに変えたいだとか、合鍵を作りたい・折れてしまった鍵を直して欲しい、など色々な要求に応えてくれます。鍵のプロなので、家の鍵だけでなく、自動車やオートバイの鍵、金庫やロッカーの鍵など、さまざまな鍵の修理にも対応してくれるのが魅力ですね。その他、補助鍵の取り付け、防犯カメラ設置なども鍵屋さんでやってもらえます。鍵のことで困ったら、鍵屋さんに相談しましょう。

ドアを交換したいときに考えること

玄関ドアは家の顔

家に出入りするとき、勝手口などがあったとしてもやはりその利用頻度が高いのは玄関ドアですよね。初めて来られたお客様が家の中を見る前にいちばんに目にするところになるわけですから、玄関ドアは家の顔であるといっても過言ではありません。ですので、玄関ドアが壊れてしまっていたり、古びて汚れてしまっていたら、その家のイメージの良さは半減してしまうといえるでしょう。そのようなときには、ドア修理やドア交換をすることが必要になってきます。

業者を選ぶときには

せっかくドア修理やドア交換をするのですから、こんなステキなデザインのものが良い・・・と新しいにドアにいろいろなイメージを持たれる方も多くいらっしゃるはずです。そのイメージをきちんとカタチにするために、納得のいくドア修理やドア交換を業者に依頼したいですよね。その業者を選定するポイントとしては、まず何よりも複数の業者を比較することが大切になります。業者によって同じサービス内容や工事内容であっても価格が異なる場合がありますし、また、その業者の担当者がご自分に合う方がどうかということもドア修理やドア交換の工事をお願いするためには気になるポイントです。1社1社比較することは大変ですが、インターネット上の口コミなどの比較サイトや一括見積もりサービスなどを活用すれば、時間をかけることなくじっくりと比較検討することができます。

ドア交換以外にも

玄関をイメージの良いものにする、という意味では、ドア修理やドア交換だけでなく、鍵のトラブルがあった場合にもすぐに対処することが大切になってきます。鍵の交換や鍵修理ということをご希望の場合も、複数の業者を比較してしっかりと選ぶようにしましょう。