未分類

トイレのドアノブ

ドアノブ交換

皆さんの中で、ドア修理をお願いされたことはありますでしょうか? ドア修理には、ドアノブ交換というものがありますが、ドアノブは長年の年月によって劣化してしまうというのがよくあるのです。確かに、ドアノブというのは毎日使われている物なので、他の物と同じように、使い続けていると故障してしまうことがあります。ですので、ちょっとでもドアノブに何かしらの不具合を感じていましたら、早め早めにドアノブ交換されることをオススメいたします。でないと、思いもしないトラブルに巻き込まれてしまうことがあるのです。

トイレに閉じ込められる

思いもしないトラブルとは一体なんなのか? それは、トイレに閉じ込められるというのがあります。ご存知のように、トイレというのは出入り口が一箇所だけ。多くの住宅では、ドアを開けて右側に便器が設置されているという構図になっていると思います。これは、便器に座っている人が簡単に手を伸ばしてドアのカギを掛けることが出来るという利点がありますが、もし、カギを掛けた状態でドアノブが壊れてしまったら、ドアを開けることが出来なくなってしまいます。一戸建ての住宅であれば、窓から誰かに助けを呼ぶことは出来るでしょうが、マンションの場合、窓がないトイレもあるので、その場合外の人に助けを求めるといったことが出来ません。考えられることとしては、ドンドンと壁を叩いて隣の方に助けを求めるといった手段がありますが、それでも、本当に相手に助けの声が耳に入るか分からないですよね。このようなケースが起きる恐れは充分にありますから、早めにドアノブ交換はしたほうがよいということなのです。

インターネットでの申し込み

ドアノブ交換はインターネットで申し込むことが出来るので、一度検索されてはいかがでしょう?

早めの鍵交換で防犯

鍵トラブルで空き巣

鍵トラブルをそのままにしていませんか?鍵開けしにくい、鍵を紛失したままにしてある、こういったことを放っておくと、空き巣やストーカーに入られてしまうことがあります。鍵が壊れている場所においては、鍵修理や鍵交換をしないでおくと、そこから空き巣やストーカーなどに付け入られて、侵入されてしまい重大事件にはってんしてしまう可能性もあるのです。
鍵トラブルでなくても、開けやすいシリンダー錠は、針金などによって簡単に解錠されてしまう危険性もあるため、まずは鍵交換をして空き巣やストーカーに入らない家にしておくことが大切なのです。

鍵交換を自分で行えるか

鍵修理や鍵交換を、手先が器用な人は自分で行えるといいますが、鍵は複雑な構成をしており、それぞれにあった鍵を用意しなくてはいけません。そのため鍵交換はまず専門家に頼んだ方が良いと言えます。
また鍵をしている際に、鍵を誤って壊してしまったりした場合は、部品が必要になります。
そのため、鍵修理や鍵交換は自分で安易に行わない方が良いと言えます。

鍵の救急車

鍵の救急車や鍵110番のようなところであれば、24時間対応でいつでも鍵トラブルについて受け付けてくれますが、鍵交換や鍵修理などは、休暇で時間に余裕があるときにした方がいいでしょう。
また、鍵トラブル以外でも、ドア修理やドア交換なども場合によっては受け付けてくれることがありますので、まずは鍵トラブルやドアのことで困った時はすぐに鍵の救急車や鍵110番に相談してみましょう。

円筒錠とインテグラル錠の交換

円筒錠・インテグラル錠とは

普段私達が目にする鍵は、ドアの取り付けられた面付錠が一般的ですが、より簡易な鍵として円筒錠とインテグラル錠があります。これらの鍵は、ドアノブの中の軸部分に鍵が仕込まれていて、シンプルな構造をしているために値段も安く、取り付けも簡単です。その理由としては、特に円筒錠では通常の鍵なら備えているデットボルトが無く、ラッチボルトを固定するだけで施錠を行いますから、ドア枠のストライクもシンプルに出来ます。
一方、インテグラル錠ではデットボルトを備えており、本締錠面に近い構造をしています。

両者に共通するのは、ドアノブをもぎ取ることで容易に鍵を破壊することが可能だということです。
鍵を破壊することで簡単に室内に親友することが可能ですから、防犯性能は低いと言わざるをえないでしょう。

もし、円筒錠やインテグラル錠の防犯性能を高めるのであれば、面付本締錠などの補助鍵を取り付け、ワンドア・ツーロックを徹底することでしか防犯性能を高く出来ないでしょう。

一方、簡易な構造なのでトイレや浴室の鍵としては打って付け。最悪の場合破壊しやすいというのが利点となり、万が一ドアの向こうで緊急事態が生じた際に突入するのも楽なのが、欠点を逆手に取った利点と言えるのかもしれません。

室内の鍵を取り付けるときは、インテリアも大切です。見た目が重厚な面付箱錠の場合、インテリアのバランスが崩れてしまいますが、インテグラル錠や円筒錠ならその心配はないでしょう。

潤滑剤

潤滑剤

皆さん、潤滑剤というのをご存知でしょうか? 潤滑剤とは滑らかさを保つ為に使われる道具で、金属や機械などに使われています。皆さんが鍵を開ける為に使われているシリンダーも潤滑剤が使われています。

シリンダーとは

シリンダーとは、鍵を差し込む為、扉に取り付けられた物になります。普段、シリンダーに鍵を差し込むことが出来るのも、このシリンダーのおかげなんです。でも、シリンダーの中に入っている潤滑剤がもし減っていってしまったら・・・どうなると思いますか? 潤滑剤が減ってしまうと、鍵の滑りが悪くなってしまい、うまく鍵を差し込むことが出来なくなってしまうんです。もしそうなったら、最悪扉を開けることが不可能になってしまう場合もあります。そうなってしまわないうちに、早めに鍵屋さんにご相談することが大切になってきます。

食用油は絶対にダメ

ちなみに、中には潤滑剤の代用として、食用油をシリンダーの中に入れる人もいらっしゃるかもしれませんが、そのようなことをなさるのはお止めください。何故かと言いますと、食用油はシリンダーの中にあるゴミを固めてしまう原因を起こしてしまうからです。そうなってしまったら、ますます鍵を差し込むのが不可能になってしまいますし、最悪、シリンダー自体が壊れてしまうことも考えられます。ですので、潤滑剤がなくなってしまった場合は、専用の潤滑剤を購入しておくか、専門業者にお願いするか、どちらかの行動を取ってください。そうすれば、シリンダー自体が悪くなるケースを防ぐことが出来ます。

鍵のトラブルは鍵屋に任せましょう。

鍵のトラブルに見舞われたことはありませんか?
鍵は私たちが思っているよりも、丈夫なものではありません。実際はマメにメンテナンスしておかないといけないものなのです。
鍵を紛失した時、あなたならどう行動しますか?ドアの交換やドア修理と鍵の紛失は実は関係のあることなのです。
鍵が紛失してしまった時は、鍵を直すのはもちろんですが、実際にドアや家の鍵の様子をよく思い出してください。どうでしょうか。鍵は寿命を迎えていたのでしょうか。ドアの交換やドアの修理を一緒に行うのも一つの手です。
ドアの寿命というのは意外と気がつきにくかったりします。いつ、悪くなっているのか、分かりにくいからです。
しかし、鍵はそれに比べて分かりやすいですよね。鍵は見た目でも、そしてもちろん使ってみても鍵の修理が必要な場合はよくわかります。例えば、ドアの鍵穴に鍵を入れてみて、「回りにくい」「中で引っかかっている感じがする」という場合は、鍵の取り替え時です。鍵屋に持って行くことをおすすめします。逆に鍵ではなく、鍵穴に問題がある場合もあります。
それは鍵屋に見てもらわないとわからないことなので、もしドアが悪くなっていた時などはドア修理やドア交換などと一緒に鍵をみてもらうのも一つの手だと思います。また、鍵の調子が悪いと、鍵が閉まりにくくなったり、逆に鍵が抜けなくなったりすることもあると思います。
その場合は鍵交換や鍵開けのついでに、鍵穴も鍵屋によくみてもらうようにしましょう。
このようなことは定期的にメンテナンスをしていれば防げることなので、忙しい時に鍵が壊れたりしないように、しっかりと鍵を普段からメンテナンスするようにしましょう。

ドアのトラブルを防止しましょう

皆さんはドア交換やドア修理が必要になるような事態になったことはありますか?ほとんどの方はめったにないことだと思いますが、全くないわけではないドア交換やドア修理について、どういった時にドア交換やドア修理が必要になるかを見て行きたいと思います。

ドア交換・ドア修理事例その1

ドア修理、ドア交換が必要になる事例その1は、空き巣に入られた場合です。
空き巣が家の中に浸入する際、鍵をドリルで破壊するドリリングという方法で侵入をした際、鍵穴を壊していくのです。その後、ドアを開ける時にもバールなどを使ってこじ開けたりすることもあります。

ドア交換・ドア修理事例その2

ドア交換、ドア修理が必要になる事例その2。それはリフォームの際です。
せっかく室内を綺麗にリフォームしたのに、家の顔たる玄関がそのままでは格好がつきませんし、せっかくなら綺麗な、新しいドアへ交換することが多いようです。また、引き戸を開き戸にしたり、あるいは逆に開き戸を引き戸にしたりして、バリアフリー対策をしたり、断熱・防音工事にしたりする事も行われます。

ドア交換/ドア修理事例その3
ドア交換、ドア修理の事例その3。
災害によるものです。
例えば、地震によってドア枠が歪んだりすると、そのままでは開閉ができなくなります、家本体が無事であれば、ドアを交換することで元通りにすることが出来ます。
また、ガラスが取り付けられているドアの場合は、ガラスが割れた際についでにドアごと交換、リニューアルということもあるようです。

いつ泥棒が目を光らせているか分かりません

いつ泥棒が目を光らせているか分かりません

日常生活を過ごしている方の中で、泥棒の被害に遭われたことがある方はたくさんいらっしゃると思います。まさか自分が泥棒の被害に遭うなんて思ってもみなかったと嘆く人が大半ではないでしょうか。確かに、泥棒と聞くと何となく刑事ドラマの中でよくいると想像しがちです。確かに、実際に泥棒に遭うまで、なかなか危機感を持つのは難しいというのが人情かもしれませんね。でも、泥棒はいつ皆さんに対して目を光らせているか分かりません。もしかしたら、一日中ずっと皆さんの生活を監視しているかもしれません。そうなると、どこに鍵をしまっているか、どこに鍵を隠しているかが丸わかりになってしまうかと思います。

鍵のトラブルは早めに対処を

例えば、鍵を紛失、ドアノブが壊れたなどの鍵のトラブルに遭われた方がいらっしゃいましたら、早めに鍵屋、鍵の救急車、鍵の110番にご相談されることをオススメいたします。鍵110番などは鍵開けや鍵交換、鍵修理、ドア修理、ドア交換に関してはプロフェッショナルです。

プロフェッショナルにお任せあれ

カギの救急車は鍵紛失などのトラブルに関して迅速に対応してくれるので、大変頼りがいを感じるかと思います。泥棒被害に遭わないうちに、早めに対処しておきましょう。もちろん、どの業者に頼るかも重要になるので、業者選びは慎重になさることをオススメいたします。そうすれば、悪質な業者に引っかかる心配もなくなるかと思います。

色々な鍵の種類

色々な種類の鍵

扉はドアノブを使って開閉を行うものがほとんどですが、ドアノブ鍵が付いていないとロックすることが出来ないので、防犯的な機能を果たすことが出来ません。なので、ドアノブと鍵は切っても切れない関係にあると言ってよいでしょう。その鍵は現在様々な種類が存在しその鍵を扱う鍵屋も沢山存在します。鍵の110番といった鍵屋さんは扉周辺の設備を扱うプロなのでドアやドアノブといった設備で起こる問題にも対応することが出来ます。

利便性も考えられています

鍵本来の役割は防犯性の強化にありますが、取り扱いが難しいとうまく効果を発揮しない場合もあるので、新しい鍵を開発する時には利便性についても考えられています。わかり易い例でいうと昔から使われている鍵はギザキザの溝が入っているので、ポケットや鞄から鍵を取り出す時に引っ掛けてしまいズボンや鞄を痛めることもありまた、しかし比較的新しい時代に作られた鍵は溝を無くし、表面をできるだけ滑らかにした鍵が多く作られています。こういった鍵事情には鍵トラブルを解決している鍵屋さんがよく知っているので、気になった時には相談するのが良いと思います。

防犯性も向上しています

鍵を利用する最大の目的は防犯面の強化にあります。なので、どうすれば鍵の防犯性を高める事が出来るのかといつも研究されています。その結果鍵の防犯性能も大きく上げることができています。例えばピッキング対策やこじ開けの防止など様々な侵入手口を防ぐことができる鍵が開発されています。また、ドアノブやドアとセットで効果を発揮する物あるので、鍵交換だけではなくドア交換やドアノブ交換が必要な場合もあります。

ドアノブが外れてしまったら

トイレやお風呂場でのトラブルが多いようです

ある日のこと、トイレに入って用を足し、外に出ようとドアノブをひねったら、握っていたドアノブが取れてしまった……

突然のことに冷や汗だらだらな経験でしたが、皆さんの中にもそんなことがあった方は居ませんか?
トイレの外ならまだしも、トイレの中でそれが起きると、閉じ込められて外に出られなくなってしまったということで慌ててしまいます。
しかし、以外に問題解決は簡単な場合があります。
とれたドアノブを、そのまま軸に合わせてはめ込む。

これだけで治る場合も多いようです。

ドアノブは軸にボルトなどを使って固定している場合が多いのですが、これが長年の使用中に振動などで緩んでくると、少し回しただけで外れてしまうということもあるようです。

だからこそ、単に嵌めこむだけでも簡単に治すことが出来る場合があります。

しかし、これが多発するなら要注意です。固定しているボルト部分が削れたり、折れてしまっている場合は再び同じ事が起きるかもしれません。

ドアノブも、定期的に交換が必要です。普段から使うものだからこそ、少しの異常でも早めに気づいて、先手を打って対応を出来ると良いですね。

ドアノブ自体はホームセンターやインターネット通販でも広く取り扱われていますが、素人が誤った知識で取り付けると、後でドアが開けられなくなったりすることもあるので、専門店にお任せされるのがお勧めです。

ドア交換はよく確認してからにしましょう

ドアのパーツいろいろ
どの家庭にもドアは必ずあると言っていいでしょう。玄関ドア、トイレのドア、部屋のドア等など。沢山ありますね。さてドアをよく見るといくつかのパーツで成り立っています。まずはドア本体。材質にいろいろ種類があります。次にドアを開閉するためのパーツ「丁番」。ドアの回転軸となる長辺側に2~3枚の板状の丁番と呼ばれる金具が取り付けられていて、これらが作動することで扉が開閉出来ています。次にドアチェック。ドアクローザーとも言います。扉の上についているアーム状の金具です。これは扉を開け放しを維持したり、逆に開け放しを防止する機能があります。他にもドアノブや鍵など、ドアは沢山のパーツで成り立っています。ドアの不具合はこのようなパーツで起こっている可能性があります。ドア修理を依頼する前に一度確認をしてみましょう。

ドア交換には注意が必要
ところで、ドアを修理したり交換する時には一つ注意があります。それはドアの種類、開閉方向、そして先ほど挙げたドアチェックの取付です。ドアなんて好きに取り替えたいと思われるかもしれませんが、ドアの材質や開閉方向、開け放しが防止されているかなどは、建築基準法や消防法で審査を受けて取り付けられています。これを勝手に替えてしまうと、非常時に甚大な事故を起こす原因と成りかねないのです。

カギの修理にも注意しましょう
上記のドアと同様に、カギもどのようなものが適切か、設計上考えられて取り付けられているはずです。修理をする前にその用途についても確認しておくことが重要です。