様々な種類

並ぶ家

ドアノブ交換やドアの交換を行うにあたっては、非常に多くの種類の取っ手が有ることを理解しておく必要があります。
そしてその取っ手は、コスト面を重視したものであったり、耐久性を重視したものであったり、商品によって様々な目的が有ります。

例えば、トタンで作られているような簡単な倉庫や、簡易的な事務所などに利用されている昔ながらの円筒形の取っ手を利用しているもの。
円筒錠とも言われるこの取っ手は、いわゆる握り玉と呼ばれる取っ手の形状が印象的です。
コストも安く使いやすいのが特徴ですが、鍵の選択肢によっては防犯性には欠けるといえます。

利用場所にあわせて

金色

室内で利用する場合には、レバー式のドアノブを利用することが多いといえます。
施錠する必要がありませんし、施錠するとしてもお手洗いなどですから外から鍵を開けられるようになっている事が多いです。
室内で利用するという意味では、お風呂向けの商品がありますが、これは樹脂によって作られているため、サビなどのトラブルに強いです。
そのような、利用場所にあわせて作られた製品もあるのです。