取っ手のトラブル

錆びている

ドアを開けようと思ったら、ドアノブがとれてしまった。
そういったトラブルに見舞われてしまう可能性は十二分にあります。
ドアノブ修理は、ある日突然その必要性を求めてくるようになるものです。
交換を含めて、部品を発注して手を加える必要があるといえます。

実際のトラブルのケースとしては、例えばノブの部分が折れてしまったりとれてしまったりするケースがあります。
また、よくあるのが根元部分にがたつきが出てきて操作しにくいといった現象です。
これを放置しておくと、ゆくゆくは大きなトラブルにつながってくる可能性があるため適切な対処が必要です。
他にも、回しながら開けるようなタイプのノブである場合に空回りして上手に操作できないという場合も交換を踏まえてドアノブ修理を依頼することが可能です。

交換の必要性

扉の取っ手に関しては様々な操作方法があり、回すタイプやひねるタイプ、一部分を押すタイプや全部を押しこむタイプ。
沢山の種類が存在しているため、適切な部品に専門家の協力を得て交換する必要があります。